きらた先生の最新作が出たよ!『俺のモノ!』を読んでみた感想とオススメポイント!

きらた先生の最新作が出たよ!『俺のモノ!』を読んでみた感想とオススメポイント!

皆さんこんにちは!

先ほど読んでいたBL作品にて嬉しい予想外に遭遇し大興奮している担当2号です!

 

なんと、きらた先生の最新作が出てるじゃないですか…!?

 

そんな担当2号、興奮冷めやらぬうちに皆様におすすめしたいと思います。

というわけでBLue Starでもお馴染み『キラキラヒカル』を連載中の

きらた先生最新作を徹底レビューです!

 

きらた先生・金澤有倖先生/『俺のモノ!』

 

タイトル 俺のモノ! (Cerise Rose)
作者 きらた/金澤有倖
発売日 2018/10/18
出版社 キルタイムコミュニケーション
定価 ¥734

 

エロ度 ★★★★★

シリアス度 ★★★★☆

ギャグ度 ★★☆☆☆

ほのぼの度 ★☆☆☆☆

糖度 ★★★★★

 

ズバリどういう漫画?

 

兄弟という関係がより一層背徳的な響きに…!

ヤンデレお兄ちゃんの攻めに翻弄される受けの弟が可愛い!

 

あらすじ

 

大人気芸能人・八神を兄にもつ碧は、快活な学生。

平穏な学生生活を送るため、兄のことは誰にも秘密にしている。

そんな碧の悩みのタネは「保護者」であることを盾に、自分の行動を逐一チェックしてくる八神本人。

しかも最近では超過激なスキンシップまで加わって、碧はもうヘロヘロ状態!

ついに、碧を可愛がる従兄弟の三室や碧の友人たちにも嫉妬しまくった八神が、碧にキスをしてきて──!?

 

キャラクター

 

超絶美形束縛兄×ピュアツンデレ弟

 

攻め:桂木八神

元トップモデルで、今は全国の女の子から大人気の超美形俳優。碧の義兄。初めて出会ったときから碧のことが大好きで、どんなことよりも碧を優先する。数年前、碧が担任教師にいたずらされかけたことをきっかけに、過保護さに拍車がかかるように…

 

受け:桂木碧

女の子よりも華奢で可愛い顔をしており、告白してくるのは男子ばかり。学園には碧のファンの男子学生がたくさんいるらしい。性格ははっきりとしており、「可愛い」と言われるとすぐに手が出る。(口も悪い)

幼い頃から八神を大好きな兄として慕っていたが、ここ数年の八神の自分への過剰な束縛やスキンシップに戸惑っている。

 

お知らせ担当2号によるおすすめポイント

 

推しポイント:予想外!仲良し兄弟のドタバタラブコメかと思いきや…?

 

パッと目を引く、ポップなタイトルと表紙

きらた先生のとっても可愛い絵柄

きっと明るくってハッピーなお話なんだろうな~!

表紙の金髪美形の男性は、スパダリな感じなのかな?

と、読み始めてびっくり!

 

「俺だけの籠にいれて、永遠に閉じ込めておきたい…」

 

「俺からどうしても逃げるというなら…」

 

え…!?

愛のおもた~い歪んだド執着攻じゃあないですか…!

 

光の腐女子モードでニコニコ読み始めていた担当2号、

すぐさま闇の腐女子が舌なめずりをして顔を出してきました。

 

八神と碧は初めてあったときから互いのことが大好きで、かつては本当に仲良しの兄弟でした。

両親を失って2人だけになってしまうと、互いを想う気持ちがさらに深まっていきます。

 

けれど、戸籍上といってもあくまで「兄弟」の二人は、なかなか上手く互いの気持ちを通じ合わせることができません。

そのうちに2人の関係は歪んでいきます。

 

「兄弟」という関係性のせいで、恋愛になかなか発展することができないことにイラつく八神。

だからこそ「兄」「保護者」という立場を利用して、碧の交友関係や生活を管理し、独占できるというもどかしさを抱えています。

兄として慕う碧のために、自分の気持ちを隠して碧を守ろうとしますが、それがかえって逆効果に…

 

碧を守るために八神がとる過保護な行動は碧にとっては「自分を困らせるための意地悪」

碧が好きだからこその過剰なスキンシップは「八神にとって自分はただの性欲処理の玩具」

八神がはっきり「大切に想っている」と言葉で伝えないために、碧にとって八神の重たい愛は伝わらず、ただの圧力にしか感じられない…

碧も八神のことが大好きだからこそ、八神の変容ぶりにビクビクしてしまい、そのことで余計に二人の距離は開いてしまいます…

 

一見、八神の一方的な重たい愛と独占欲が目立つのですが、

八神に嫌われるのが怖くて、自分の生活への過干渉も、無理やりされるエッチな行為も拒否できない碧もまた、八神に依存しているのです…!

 

あんなことをされても碧は八神から離れられないんですよ…

 

共依存…良い響きです

ありがとう…

 

「兄弟以上には、相手は自分のことを好いてくれていない」と互いに思い込んでいるせいで、すれ違い歪んでいく二人の想いがもどかしく、とっても…美味しい!

 

簡単にはハッピーになれない。

これぞ、兄弟ものの美味しさですね!!!!!!!!!!!(やったー!!)

 

推しポイント:メインCP以外のキャラクター

 

この作品は、八神と碧以外のキャラクターもとっても魅力的です。

まずは、羽鳥翔。

羽鳥は八神と同じくらい女の子たちに大人気のミュージシャン。

ひょんなことから碧と出会い、碧に恋に落ちるのですが、

その後のアプローチが超、強引!

碧の学校に現れては、学園祭の衣装として女装をさせられている碧に「俺のためにこんなかわいい恰好を…?」と勘違いしたり(碧の否定は全く耳に入りません)

碧の自宅に現れて花束を届けてみたり。

碧にはっきり「迷惑」と言われても全く気にせずなんとしても自分のものにしようとするメンタルの強さに、思わず応援してしまいます!

元気な当て馬、イイネ!!!

 

羽鳥が碧に近づいてくるたびに八神は怒り、碧はタジタジ…

そしてあんな事態に…!

 

続いて八神のマネージャーで八神と碧のいとこの東三室

三室は碧を「可愛い、可愛い」と(セクハラまがいな)ちょっかいをかけてくるのですが本気かどうかはわかりません。

碧のことになると余裕が無くなる八神をたびたびからかいます。

定期的に現れては、作品を明るく癒してくれる三室が担当2号のイチオシです!

 

八神の重たすぎる愛にたびたびゾクリ…とさせられますが

彼らの名(迷?)活躍のおかげで、全体を通して軽快なラブコメとなっており、

さくさく楽しむことが出来ます!

 

担当2号が闇の腐女子であったばっかりに、推しポイント一つ目で

兄弟もの…?執着愛…?ヤンデレ…?と重たそうだな…と思ってしまった光属性の腐女子の皆様もいるかもしれませんが、

おすすめですよ!

 

まとめ

 

この作品は2001年に発売された金沢有倖先生のコミカライズです。

 

そのためでしょうか、どこか耽美でクラシックさも漂っています。

 

きらた先生の可愛らしい絵柄とぴったり合っていて、絶妙バランスがたまりません!

 

そして、本当は推しポイントとしてもっと語りたかったのですが、エッチなシーンもたっぷりです!

鬼畜な執着攻に可愛い受ちゃんの濃厚なエッチシーンなんて、担当2号の好みドンピシャなのですが、字数と伏字が多くなりそうなので自粛をしたいと思います。

 

特別描きおろしの、可愛~い碧の姿もぜひ見ていただきたいです…!!

 

以上、「俺のモノ!」徹底レビューでした!

 

きらた先生のTwitterはこちらから✨

@kiratanta

Cerise Rose編集部さんの公式Twitterはこちらです!

@Ceriserosecomic

 

(C)Kirata/KILL TIME COMMUNICATION Inc 2018

BLue Starが気になる方はクリック!

掲載作品はBLとニアBLのみ! 見渡す限りのBLに埋もれましょう!

BLレビューカテゴリの最新記事