ビギナー腐女子にオススメしたい!月子先生著/『トコナツ(1)』の感想をまとめてみた

ビギナー腐女子にオススメしたい!月子先生著/『トコナツ(1)』の感想をまとめてみた

皆さんこんにちは!

すっかり寒くなり夏が恋しい担当2号、

本日はそんな気持ちを引きずりながらオススメする

腐女子なりたてさん向けの作品の感想などをまとめました!

 

月子先生/トコナツ

 

タイトル トコナツ (バーズコミックス)
作者 月子
発売日 2015/7/24
出版社 幻冬舎コミックス
定価 ¥600

 

エロ度 ★☆☆☆☆

シリアス度 ★☆☆☆☆

ギャグ度 ★★★★☆

ほのぼの度 ★★★★★

糖度 ★★☆☆☆

 

ズバリどういう漫画?

 

男子高校生二人の「あれ…俺もしかして…アイツのこと…」とドキドキする姿…

ほんわかしていてどこか懐かしさが漂うこの感じ…

まさしく青春!!

これぞ爽やか+ほんのりラブ!!

ラブというにはまだ弱すぎるものの、このもどかしさがたまらない人にオススメです!

 

あらすじ

 

「宮沢が一番可愛いんだって」

男子高校生・増田は同じクラスの宮沢と仲良し。

いつも皆でバカやって楽しく過ごしているけれど、時々妙に宮沢のことが色っぽく見えてしまって…

 

 

キャラクター

 

〇増田:

短髪の男子高校生。一巻の表紙ではアイスクリームを両手ににっかり笑ってます。

やんちゃでよく見かけるような男子高校生。

でも時々宮沢に対して思わせぶりな態度を取ったりする一面も。

 

〇宮沢:

中性的な顔立ちが特徴的なキャラクター。表紙では金髪の方の男の子です。

性格は意外と普通の男子高校生らしいのが印象的でした。

その女顔からペディキュアを塗られたり、女装させられたり…

 

お知らせ担当2号によるおすすめポイント

 

推しポイント:男子高校生のリアルな日常生活が可愛い!

 

この作品は、全体を通して男子校のほのぼのとした日常が描かれたお話しです。

待ちに待ったプール開き!なのに海パンを忘れてしまった…!と嘆く増田に

「パンツで泳げばいいじゃん!」と励ますクラスメイトや

宮沢のセクシーお姉さんを見て

「ボインがすごい!」とか「あんなセクシーなお姉さんの入った後の風呂に入ってんの?!」と興奮してみたり

かといって、ナンパするぞと意気込んで海に行ってみたはいいものの

女の子たちの水着姿が眩しすぎて直視できなかったり…

なんともリアルな男子校生の姿に癒されます。

 

個人的に「夏だからバイトしてみる」の回で

宮沢のバイト先であるオムライス屋さんにいった増田が

たいめいけんのタンポポオムライス風のオムライスの真ん中を切って

パカッと開いたところで「何かエロい!!エロくね?!」とはしゃぐシーンがイチオシ。

男子高校生のおばかでなんでもはしゃげる感じ、尊いです…

 

また度々女の子に間違われてしまうほど可愛い顔をしている宮沢ですが、

だからといって、お姫様のような扱いをされているのではなく

あくまで男子校生の1人として友人たちと、放課後遊んだり、夏休みを満喫しているのもおすすめポイントです。(女装コンテストに出場させられたりはしますが)

プールに入れなかったことが悔しくて他クラスの体育の授業に潜り込んでまでプールに入って風邪をひいたり、実は喧嘩が強かったり

見た目は可愛らしくても、しっかり男子高校生なところが大好きです。

 

推しポイント:友情?恋愛?いろんなパターンが楽しめる妄想ポイントがいっぱい!

 

増田は宮沢がなんだか気になってしまうけれど、それが友情なのか、女子のいない環境で宮沢が女の子みたいに可愛いからなのか

(増田はそうではないと言っているけれど)、それとも恋愛感情からなのか…

増田も、そして読者の私たちもわかりません。

毎日学校で顔を合わせてて、放課後も遊びに行ったりして

高校時代って、特に仲の良い友人と距離感が近くて、「好き」の感情が友情なのか恋愛なのか難しいですよね。

増田と宮沢は仲良しだけれど、いつも一緒にいる友人たちがいて、その中でも気が合う2人といった絶妙な距離感で描かれているため特に決定打はありません。

 

だからこそ、ニブい増田に変わって読者である私達が自由に想像できちゃうんです!

 

月子先生もあとがきで

「実は宮沢がずっと増田に対して下心を持っていて、しかもそれをひた隠しにしていたと仮定して読み直してみたら、

また違う趣が感じられましたので」と書いていらっしゃるように

宮沢側の感情も想像しながら読むと、全く違ったパターンでお話が楽しめます。

 

2人の感情や関係性を妄想するのも腐女子の醍醐味!

 

友情?それともボーイズラブ?

うーんどっちなのでしょう!

 

まとめ

 

月子先生はもともとBL漫画家ではなく、一般誌にて漫画を掲載していました。

だから、といいますか『トコナツ(1)』は所謂「ニアBL作品」となっています。

BLを普段あまり読まない方にも、腐女子初心者さんにも、とってもおススメな作品です。

もしくは、まだBLに目覚めていないお友達を腐女子の沼にご招待することにも使えるかもしれません。

可愛らしくて、あまり癖のない絵柄ですので、広くおすすめできる一冊です!

 

なお、『トコナツ(2)』では急展開が待っています!

続きは答え合わせの『トコナツ(2)』のレビュー記事にて!

月子先生のTwitterはこちらから!

@TSUKIKO

告知用のアカウントはこちらからです♪

@tsukikokokuchi

幻冬舎コミックスさんのアカウントはこちらからです!

@gentosha_comics

 

 

(C)TSUKIKO/GENTOSHA COMICS INC 2018

BLue Starが気になる方はクリック!

掲載作品はBLとニアBLのみ! 見渡す限りのBLに埋もれましょう!

BLレビューカテゴリの最新記事