BLによくある特殊設定について真剣に考えてみた②『××しないと出られない部屋』編

BLによくある特殊設定について真剣に考えてみた②『××しないと出られない部屋』編

こんにちは!

皆さま、素敵なBLライフをお過ごしでしょうか?

お知らせ担当3号は推しカプ供給の少なさに息が詰まり

自分の絵で萌える特訓を始めたところです。

 

今回も読者の皆さまに楽しんでいただけるよう

BLの魅力を、いち腐女子目線で語っていきたいと思います。

 

…思いますが、困りました。

 

今回

「BLによくある特殊設定について、良さを語ってみて!」

というお題を頂いたのですが、

 

 

3号は殴りあえばおホモだち!と思っている、

肉体言語を愛する愚直な腐女子なので、

特殊設定に全く詳しくありません!

 

 

ぱっと思いついたのは『××しないと出られない部屋』だけ。

腐女子が推しにして欲しいことを強制する、

言ってみればご都合主義的な設定…

 

これで本当に記事が書けるのか―――!!?

 

猛烈な不安を覚えながら、それでも何とか形にするために

好きな作品を見返したり、

他の特殊設定(オメガバース、ケーキバースなど)について

調べて、比較したりしているうちに…

 

気付きました。この設定の魅力に。

 

なので今回は『××しないと出られない部屋』にスポットを当てて、

(かなり独りよがりに!)語っていこうと思います!

 

『××しないと出られない部屋』って?

 

概説とその魅力

 

二次創作作品でたびたび目にする『××しないと出られない部屋』。

好きなカップリングを脱出不可能な部屋に閉じ込めて、

様々な脱出条件を提示しリアクションを楽しむ特殊設定の一つですね。

元ネタについて探っても具体的な答えは見つかりませんでしたが、

脱出ゲームやデスゲーム系のような、

突然脱出不可能な空間に放り込まれ

戦いや謎解きを強制される作品に由来しているのかなと思います。

 

…でも、戦い、謎解きではなく

セックスしないと出られない部屋

と言われると、

(当事者からすればセクシャルハラスメントも甚だしいですが、)

なんだか突然ギャグっぽい設定になったと感じませんか?

 

もっと言うと、

鼻からうどん食わないと出られない部屋

なんて設定を持ち出したら、

なんの脈絡もなくキャラクターを

バラエティ番組のステージに立たせることが出来ますよね?

 

出られない部屋、の魅力はまさにここ!

つまり、特殊設定が持つ『強制力』

シンプルかつコミカルに発揮できるのです。

 

同じ「行為の強制」でも

オメガバースやケーキバースのように

読者に予備知識を求めることが無いうえに

なにか深刻な因果があって行為を強制されている訳ではないので

ご都合主義をご都合主義として

笑って受け止めることができるんです。

創作側でも読者側でも、

シリアスな作品がイマイチ得意じゃない人にとっては

本当に素晴らしいシステムではないでしょうか!

 

どんな部屋があるの?

 

と、ひとしきり持論を述べたところで…

既に二次創作界隈で多岐にわたる派生作品が生み出され、

『診断メーカー』で好きなカップリングを入力して

手軽にお題を生成することも出来る、『××しないと出られない部屋』。

 

ここからは筆者がネットの海で偶然見かけた、

『良物件』『事故物件』を紹介していきます!

 

萌える!良物件✿

 

①セックスするまで出られない部屋

恐ろしいことに最大手。腐女子ってこわいね!(他人事)

 

②キスするまで出られない部屋

『セックスしないと出られない部屋』だと過激すぎるけど、

これぐらいなら甘酸っぱいやり取りが見られますね!

推しカプ並べて脱出までのタイム表とか作りたい。(?)

 

③お互いの良いところ10個言うまで出られない部屋

これ、普段険悪なカップルにやらせると

めちゃくちゃ尊い予感です…。

普段は口の悪い攻めに素直に褒められて戸惑う受け、好き。

 

 

萌え…る?珍物件💀

 

①生卵を片手で割れるまで出られない部屋

以前、診断メーカーで

スター・プラ〇ナ×クレイジー・ダイ〇モン〇

を検索していた時にヒットしたので

まさに奇妙ななんとやらでした。癒し。

 

②セックスしてもどうせ出られない部屋

脱出方法、なし。まさに理不尽。

そんな状況で何をするのか?カップリングごとの個性が出て面白そうですが

一生出られないのはいくら何でも可愛そうなので

しっかりと制限時間は設けましょう。虐待、ダメ絶対。

 

まとめ

 

こんなところでしょうか!

ちょっとブームは過ぎてしまっている感じがしますが、

いかんせん汎用性が高いので

廃れることのない王道設定と言えるでしょう。

皆さんも推しカプで妄想してみては…?

なお、今回は筆者の趣味で

ギャグ路線の部屋をチョイスしましたが

もちろんグロテスク表現を含んだ殺伐部屋もたくさんあるので

検索する際にはくれぐれも注意してください!

え?そういうのが好き?

そう…

 

BLue Starが気になる方はクリック!

掲載作品はBLとニアBLのみ! 見渡す限りのBLに埋もれましょう!

ネタ・小ネタカテゴリの最新記事