【実録】腐女子語録かるたを作ることになったんだけど…【勃発編】

【実録】腐女子語録かるたを作ることになったんだけど…【勃発編】

先日、ちるちるさんのホモォ川柳を読みまして、投稿者の皆様の語彙センスの高さに驚くと同時に感動しました。お知らせ担当1号です。

 

いや素直に面白過ぎるでしょ。何なんですか。センス良すぎて笑っちゃいましたよ。

 

しかも韻文が悉く苦手な私にとって、こうやってきっかり五七五で腐女子あるあるを上手いこと凝縮し抽出する様を見せつけられたら脱帽どころか嫉妬の念すら沸き起こります。

 

それにしても、普段あんなに語彙が貧弱短い言葉で通じ合い共感出来るスキルを持つことでおなじみの我々もふとした瞬間に起爆するような名言(迷言?)を生み出すとは、腐女子にはパワーワード製造機としての一面もあるのかもしれませんね。

 

そんな時、来月分のBLue Starの運営キャンペーンの新企画を出せとのお達しに悩んでいた私の脳裏に、疲れからか、ぼんやりとあることが浮かびました。

 

私もなんか格言みたいの残したいなあ…そうだ、腐女子の語録でかるたなんて作って遊べたら楽しそうだな…フフ。もうそれ作るとかでネタになるんちゃう?新企画考案とか勘弁してくれないかな…)

いやいやいや…何を血迷ったことを。

流石にこんなしょうもない企画通るわけなくない?

ね、社長、無理っすよね?

 

社長「あ、いいよ」

 

いいんかい。

まずは試しにア行で作ってみた。

まさかオッケーなんて出るわけ訳ねえだろと半ばやけくそで出した案がこうもあっさり許可が下りてしまうと逆に面食らってやりにくさを感じてしまいましたが、こうなってしまった以上なんとしても作らなきゃいけなくなりました。

 

こんなセンスも語彙も皆無な私でも、お賃金を頂くために…かるたを…腐女子の語録かるたを作らなきゃいけないのです。

 

…いや、腐女子語録かるたってなんだよ。

真面目に働く職場の中、こんなしょうもないことに時間を割こうとしている自分への羞恥心と周りへの申し訳なさで胸がいっぱいになりましたが、とりあえず物は試しということでア行でかるたを作ってみました。

しかし暫く考えてみたものの、全く思いつかなかったのでここはスマホの予測変換機能を使うという初手からチートを使う手法に及んでみました。

そのせいでしょうか、

 

あ:あっ、これ…

い:良い~~~

う:うっ(えずく)

え:えっちじゃない?

お:推しがしんどい…

(文責:1号)

 

自分の語彙がいかに貧弱かが益々浮き彫りになってしまいました。

 

なんでブログなんて任されたんでしょうか。最早そのレベルに到るほどの言葉の足りなさ。

ペンは剣よりヒプノシスマイクだなんてよく声高に言えたなお前。

またさりげなく「あ」から「お」まで何気に文脈が繋がっているのもイラっときます。自分で書いたのに。

母音だけで会話を済ませようとするボキャ貧特有のモチベのなさが窺えます。

 

僅か5音にして既に苦しさ全開なので、このままではとてもじゃないけど残り75音分の語録なんて無理。そう思った私は二度目のチート、隣に座る同僚の方に助けを求めました。

 

隣に座る同僚の方、普段はおしとやかで退勤の際も花を摘みに戻っているとしか思えないくらいの方ですが実はゴリゴリの腐女子だそう。

ちなみに、どの程度ゴリゴリかは彼女も今後ブログを書くらしいのでその機会をお楽しみに!

実際上司の方がお話したらかなりの方だったそう!マジかよ、やべえな!オラワクワクすっぞ!

そんな彼女に今回は空いた時間を使ってちょちょっと作って貰いました。

まだ途中とのことでしたがこっそり拝見…

 

あ・アナルの方向性が合う

 ・アナルをキュンキュンさせる受け

い・考え中

う・受けぢからが強い

 ・受けの無駄チン

え・エモ過ぎて吐く

お・同じコマにいるから付き合っている論理

 ・女の子かもしれない

 

いやパンチが効きすぎじゃない!?

記事書く以前にそのヤバさが手に取るように伝わってしまうほどの清々しいまでのオープンな隠語と極端すぎる表現力の応酬。

もう読むだけでどこからツッコんだらいいのか、一人社内で温度差により風邪を引きそうでした。

とりあえず、急に書いてくれたことへのフィードバックやお礼も兼ねて、数点個人的に思ったことを一応載せておきましょうか…

まず

あ・アナルの方向性が合う

 ・アナルをキュンキュンさせる受け

ケツの穴がざわつく受けってどんな受けだよ。

それから

え・エモ過ぎて吐く

エモ過ぎて吐くってどんな状況下やねん。吐いたことあるんか。

 

気付いたらお礼どころか全てツッコミになってしまいました。

しかしその言葉には何とも言えない説得力があって特に理由はないけど「なんとなくわかる」と思ってしまうのが不思議なものです。

流石、「○○の右に出る者はいない」というなにちょっと上手い事言ってんだという攻固定の友人を持つだけあって彼女の語彙戦闘力もかなりなモノです。私のボキャブラリースカウターがぶっ壊れました。

これはかなり心強い味方が出来ました。

よーしこのままあと75音作りますよー!

実際に語録を集めてみる

実際に周りの人達にもお願いして、今後少しずつですが語録を生み落としていく予定です。

そして目指せ80音!きっちり濁音まで作り無事この見切り発車の企画を完成させます!

あ、あとそうそう、忘れちゃいけませんね。完成したら是非遊んでみますね!

次回の更新をお待ちください!

ちなみにお隣に座っている同僚の方のを再びチラ見しました。

か・彼氏過ぎる

 ・過去の私と握手したい

き・去勢すれば良いのか

く・屈強な幼女

け・結婚してた

こ・股間と直結したツイート

もう何も言わないからな…

最後にふと冷静になる

いやいやでもさ、待って下さいよ。こんなんあと75音作ってさ、記事にまとめてさ、お賃金頂くって流石に駄目じゃないですか?いいですよ謝りますよ、ごめんなさいなんか適当なこと言って…真面目に企画考えなおしますので…ね、社長?

社長「あ、いいんじゃない」

いいんだ。

ということで腐女子語録かるた計画始動です。

BLue Starが気になる方はクリック!

掲載作品はBLとニアBLのみ! 見渡す限りのBLに埋もれましょう!

ネタ・小ネタカテゴリの最新記事